Hong Kong Diary

香港情報、国際結婚、その他気になることなど。

数秘をみてもらう

ヌメロロジーなるものをみると

友人が言っていたので

好奇心ムクムクと、それなぁに?おいしいの?感覚でお願いしてみました。

 

ヌメロはヘブライ語で「数」

ジーは「学問」

数秘術、なのだそう。

 

私の数字は「9」

簡単に出せるそのナンバーの他にも色んな角度から計算してみても

9がどこにでも出てきました。

 

ウィークポイント、弱い部分なども出てきて

あら、なんだかおもしろい。

 

ヌメロロジーでも、台灣の占い横丁のおばちゃんからもも

確か占星術に詳しい友人からも

海外、奉仕、芸術、教育、的なキーワードが出て来ましたっけ。

そして、トップではなく、補佐的な位置。

たぶん、どれもきっと元は同じような学問で

切り口が星だったり数だったりするのでしょう。

 

数秘術にも色んな宗派?があるようで

どこかの宗派?を基に、その他宗派のいいとこ取りをしたものらしい。

いつのまに学んでたのかしら?

この友人は、涼しく顔をしていつのまにか学び

自分のものにしていく人

素敵だなぁ

 

で、その友人と同じ「9」の私は

これからどんな道に進んでいこうかしら。

 

しかし、お勉強が全く手につかない私が教育って

なんだろう…

 

 

 

 

アルバイト

学生時代、配膳サービスというアルバイトに登録すると

空いてる日にいろんなホテルやレストランに行けて楽しいわよ、と誘われたものの

お客様の前で瓶の蓋がすぐ開けられず、それがトラウマになり

ずーっと避けて通ってきた、飲食の世界。

 

それが、手術までの間、友人のご主人のお寿司屋さんで

お昼の時間だけお手伝いをする事にしました。

ちょうど人が足りなくて困っていたそうで

わずかな期間ですが、お力になれればと思って。

今、フルタイムのお仕事を希望しても、すぐ手術となれば

なかなか雇用も難しいでしょうし、こちらも心苦しいですから。

 

基本はホール。

お茶やお料理の配膳。

でも、人手不足の為、裏の洗い場にも入ります。

洗い物をしながら、いらっしゃいませの掛け声を聞いて

おしぼりやお茶をセットしたり、お代わり用のお茶をすぐ渡せるよう準備したり、

そして、もちろん大将が調味済みですが、茶碗蒸しやスープの盛り付けもお手伝い。

 

今日、気付いたのは、盛り付け楽しい。

おしぼりやお茶のタイミングが、他のスタッフさんとバッチリ合うのが嬉しい。

なんだか、久しぶりな感覚でした。

チームワークで、お仕事がスムーズに進んでいる感覚。

 

とても身のこなしが素敵な同僚さんがいるのですが

彼女の動きもとても勉強になります。

聞くと、香港に来てから飲食の世界に入ったとか。

本当は、働く必要もない、お金持ちの奥様。

ところが香港人のご主人、働く事には賛成。

理解あるのは香港ならではでしょうか。

 

色んな方々と新しいお仕事ができるって

ありがたい事だと思いました。

 

f:id:leifu:20190910202208j:image

今日はとても暑かったです。

 

 

 

 

もう1軒のクリニックへ

ずいぶん長くかかっている子宮筋腫手術の病院(医師)選び。

先日、もう1軒のクリニックへ行ってきました。

実は予約時間から待つこと1時間。クーラーですっかりひえひえ

気分もダダ下がり。

 

leifu.hatenablog.com

自分の過去記事もこうやって貼り付けられるのねとお勉強中。

 

しかし、ずいぶん待たせて悪かったね、と医師の感じの良さにびっくり。

しかも、こちらの医師は開口一番、

閉経を考えると、手術をしたものかと思うよ、と仰る。

実は日本で血液検査をして、数値的にあと5-6年は生理がありそうな旨を

話したところ、じゃあ、した方がいいねと。

さっそく検査へ。

 

前回の内診と同じく、妊娠4ヶ月程度の大きさになっているという子宮。

手術は腹腔鏡手術。しかし、こちらの医師は、子宮頚を残しましょうとのこと。

未出産の場合、子宮頚が残っていた方が安全(だったかな)だそう。

 

手術のタイミングは、出血が少ないその月の生理が終わって一週間以内程度。

このあと2ヶ月程度の目安の時期を書き出してくれた。

 

できれば保険の関係で見積もりを・・・・とお願いすると、

その場にある紙の裏にさらさらと鉛筆書きで

香港S病院 いくら

香港SP病院 いくら

しかも、手術費、麻酔医費、部屋タイプと

ちゃんと保険でカバーする項目を書き出してくれた。

なんと、親切な。

 

ちなみに、個人クリニックを持つ医師は、手術室の設備等がないため

大きな病院にも名を連ねており、週に数回そこで診察もする。

そしてご自身のクリニックの患者さんが手術となった場合、

その病院の手術室を利用する事になる。

 

香港S病院は、前回の医師が常駐している病院

ほぼ同じ金額の提示だった。

香港SP病院はほんの少し価格が抑えめ

なので、少し混雑しているそう。

 

個人で医療保険買っていない場合(実費)

腹腔鏡下手術:香港S病院

HK$180,000〜200,000

日本円で240〜270万円

開腹手術:香港M病院

HK$120,000〜140,000

日本円で160〜190万円

腹腔鏡下手術(子宮頚を残す方法):香港SP病院 ★今回追加

HK$150,000〜180,000

日本円で210〜240万円

※ 金額に幅があるのは、大部屋~個室の差

 

日本で国民医療保険を使用した場合(S県私立M総合病院 大部屋)

偽閉経治療+開腹手術:日本Ma病院

日本円 28万円 その他渡航費、生活費等 2〜30万円= 約60万円

HK$ 45,000 

 

2019年 6月~9月調べ

 

f:id:leifu:20190905222322j:image

漢字でなんとなく何か想像出来るかと思いますが(英語もありますね)

子宮内膜症、卵巣チョコレート嚢腫、子宮筋腫の人が

控える食べ物です。

その他のものは食べなくても大丈夫ですが

黒豆、大豆はダメなのがショック。

豆乳、お豆腐、もやし、湯葉は週に1〜2度程度ですって。

 

 

 

疲れる日々でも

香港の毎日の情勢

流れてくるニュース

それだけで疲れる日々です。

気持ちがぐったり。

 

それでも、毎日夜はあけるのです。

体調不良だった義両親達が少しずつ元気になっているのに

ホッとした週末でした。

これなら月末の家族旅行、行けそうね。

良かったね。というとちょっと嬉しそう。

あぁ、良かった。

 

f:id:leifu:20190902073145j:image

この写真の後、台風が近づいて来たようで

一気に雨模様。

早くお日様に会いたいなぁ。

まだ決まらない手術

香港の病院へ再度。

 

往生際が悪い、まだ決まらないのか、と、我ながら思いますが

まだ病院も手術日決定しません。

 

今回の医師は年末に受診した医師の紹介、

またインターネットでの評判もかなり良いお方のよう。

 

子宮が、通常の4倍くらいに広がっていて

だいたい妊娠3〜4ヶ月くらいになっているそう。

筋腫も少し大きくなっているものがいくつかありました。

しかし、今まで手術方法は開腹で、腹腔鏡下手術の意味がない、

としか言われていなかったのですが

今回の先生は、腹腔鏡下手術でできます!と。

 

お腹3カ所に穴を開けそこから切除、そして下から出産のように取り出すイメージ

しかし、大きくなっているので、下も少し切るそうです。

聞いただけで、イタタ…

 

それでも、

腹腔鏡下手術は、開腹手術よりも切る長さが異なり、

身体への負担が少ないそう。

開腹であれば5〜6日の入院が、3〜4日で済み

回復も開腹より格段に早いとのこと。

 

しかし、もし個人で医療保険を買っていなければ、ですが

腹腔鏡下手術:香港S病院

HK$180,000〜200,000

日本円で240〜270万円

開腹手術:香港M病院

HK$120,000〜140,000

日本円で160〜190万円

保険がどれくらいカバーするか各会社によって異なりますが

日本と同じく3割負担と考えてみても…かなりの額ですね。

 

日本で国民医療保険を使用した場合

偽閉経治療+開腹手術:日本Ma病院

日本円 28万円 その他渡航費、生活費等 2〜30万円= 約60万円

HK$ 45,000 

 

f:id:leifu:20190823122441j:image

診察後、がっくりしながらも、主人とガッツリ

 

 

 

 

 

 

ちがうのよ

昨日、8月18日。
香港では、降ったりやんだりの悪天候の中、
大規模なデモ集会が行われました。

今回の集会は、(いつもなのですが)
be water
和平、理性、非暴力
流れる水のように。

デモ集会は、きちんと許可が下りていました。
しかし、デモ行進は不認可。

不認可の中、デモ行進をした方々もいました。
しかし、やはりあくまでも平和に。
暴力行為なく、デモの最終地点へ着き、終了したようです。

ところが、あまりに集会の参加者が多くて、集会会場の大きな公園が超満員。
しかも、地下鉄から降りることが出来なくなり、周辺の駅が2駅通過。
多くの参加者が、きちんと約束を守って地下鉄やバスで会場へ向かったものの
いたしかたなく歩くことになった、というのが事実です。

ほとんどの参加者が、今回のデモの主旨を理解し
平和に終了しました。
若干遅くまでいたずらをしていた人たちもいたようですが
大事にはならず。

こういうことが出来るんです。香港の皆さんは。

というか、以前からそうでした。

でもこの2ヶ月、何かしら別の力が動いているように思えてなりません。


日本のニュースで、「不認可だったのにデモ行進になった」と報道されていて
「ちがうのよー!」
と思い、ほとんど読者さんのいないここに、

コソッと書いておきます。

私は、香港に住む日本人です。
私の、大好きな主人や義両親、家族たちは香港人です。
いろんな立場の香港人の思いや気持ちを
耳にしたり、目にしたりします。
家族や友人たちでも、意見はそれぞれです。

それについて、私は何も言う事は出来ませんが
でも、どうか、平和に。
それを願うばかりです。

f:id:leifu:20190819201713j:image
f:id:leifu:20190819201724j:image

動物達の為にも催涙弾を使用しないで、

という署名活動に賛同しました。

人間より、刺激強くてつらいものね。

損はしないよね。

毎週火曜のお手伝いも残りあと3回のみ。

日本語のレッスンも、あと5レッスン(出勤は3日)を残すのみ。

 

失業というか、体調の事を考えて自ら今の状況に身を置いているのですが

仕事がないって、必要とされていないようで、苦しいものですね。

 

自主的に、義母の街市の品出しとお片付けを手伝いはするものの

顔見知りに「今日は休みなの?」と声をかけられるのが苦痛。

いい年をしたオバちゃんが働きもしないで何をしとる

・・・と、自分に。

 

ここはひとつ、日本語の勉強をしようと、

図書館の自習室へ。

しかし、睡魔が(バカバカ)

 

日本語、続けるべきなのだろうか。こんなんで。

などと思い始めたりしています。

還暦までのわずかな時間、しっかりフルタイムでお仕事して

少しでも貯えをておく方が良いのでは?

いや、しかし今の私のフルタイムのお仕事が見つかるかしら・・・

などなど。

 

まっすぐ自分の道に進んでいる人っていいなぁ

「自分の道を進む」、じゃなくて「探す」のが、

私の今世でのミッションなのかしら。

 

ま、乗りかかった船だし、手術が終わるまでの間

ずっとずっと出来なかったお勉強、しても得になるかは分からないけれど

損はしないよね。

f:id:leifu:20190809191253j:image

その名も餃子屋さんの水餃子

荔枝角にて