Hong Kong Diary

香港情報、国際結婚、その他気になることなど。

お弁当を持っていろは坂(的な)

私立病院へ入院中の義父

血圧がかなり下がったり、床擦れの傷口と尿から3種類の細菌が見つかったりで

日によって体調が変わります。

酸素吸入も続いていますが、かなり少なめになったとか。

少しずつ足も膝から上を動かす力も出て来たようです。

 

相変わらず、週に2〜3回のお弁当を持って島から出かけています。

不思議ですよね。病院のご飯はなるべくオーダーせず

公立の場合は食事が付いていても、

それでもご飯を届ける多くの香港人家庭。

我が家だけではないんですよ。

病人の口に合うもの、そしてその症状に良いとされる食材を使い

出来立てを保温容器に入れて持って行きます。

島からだと乗り換え諸々で結構時間がかかるのですが

それでも、持って行きます。

 

さて、私立病院はなぜか山の上や中腹にあるところがほとんど。

義父のいる病院もです。

毎回いろは坂的なくねくね道を、香港名物?ダイナミックな運転でお馴染みの

ミニバスもしくはタクシーで向かいます。

毎回車酔いにならないよう、ほぼ瞑想状態(深呼吸しつつじっと耐える)です。

 

f:id:leifu:20220426110739j:image

さて、出発です。

今日は義母から、街市でお肉と野菜を買ってくるよう指令が出ました。

吊るされたあのお肉、無事にぼったくられず買えますように。

行ってきます。

 

 

 

 

再入院中

義父、水曜に戻り月曜にまた再入院しました。

週末にまた呼吸が苦しくなり、いつもはメイドさんにお任せしていたのですが

念のためリビングのソファベッドで寝たところ、夜中に8〜9回呼ばれました。

これはいくら丈夫なメイドちゃんでも大変。

また、YouTubeで練習したとはいえ、骨太な義父を持ち上げるのには

かなりの力が必要になります。

 

今回は、公立ではなく私立へ。

香港ではコロナの場合、指定の公立病院か症状によって隔離施設へ送られます。

今回義父は既に陰性のため、以前心臓の手術をした病院へ行きました。

 

私立へ向かうにはヘリコプターも救急車も使えないので

我が家から階下へ降りるのにも、タクシーへ乗せるのにもひと苦労でした。

 

お仕事していなかったのが不幸中の幸い。

しばらくはお弁当の差し入れを島から持って行く係です。

(私立病院の食事はオーダー制なのです)

 

f:id:leifu:20220418002239j:image

この観葉植物の花を初めて見ました。

介護体験は突然に

先日、そろそろ退院だからね。焦らずにね!と

家族達で励ましあった入院中の義父とのビデオ通話

(看護師さんが食事時間などにときどき持たせた携帯を操作してくれました)

 

その翌日、お昼前くらいでしょうか。

「病院から連絡入り今日退院」

というメッセージが家族のグループチャットに入りました。

 

今日中に学校に提出する報告を先ずは片付けて、

それから別の用事先へ向かって、その後は1週間ぶりの買い出しをしよう!

なんて思っていたのですが、予定変更。

退院に際し必要なもの(かつ、島で購入出来るか分からないもの)を求め

義父が病院からフェリー乗り場まで救急隊員さんが送ってくれるというのを待ちました。

 

先におにぎりかじりながら、用事済ませておいて良かった。

判断冴えてました(笑)

 

義父は約3週間の入院中、ずっとベッドにいた為

すっかり体力、筋力が落ち、歩けなくなっていました。

手足が冷え切って、足はパンパンに浮腫んでいます。

そして大きな床擦れが出来ていました。

実家の母にその話をすると、

床擦れ?!病院の管理が良くないわ、と言っていましたが

義父が入院中は香港で最も感染者、入院患者が増え、

医療従事者の皆さんがとてもご苦労されている時期だったので

致し方ないと思いました。

何より、お家に戻って来られました。有難い事です。

 

大きな床擦れについては、一日80ドルで看護師さんが訪問、

傷口を洗ってくれるそうで、しばらく毎日来てくださるそう。

 

さて、島に戻り薬局で購入したのは

おしめ、ベッドに敷くシート、赤ちゃんのお尻拭き。

翌日、乳鉢(薬をすりつぶす)、生理食塩水、カット綿、尿漏れパット、クッションも追加しました。

お風呂用の車椅子もこれから発注するそうです。

そしてYouTubeで介護に関する動画を皆でシェア

夫と私、メイドちゃんは早速役立っています。

 

 

日本の福祉体制が整っているおかげで、父は色々な制度を利用出来ました。

とはいえ、母は約5年、本当によく頑張っていました、

父のおしめの取り替えや諸々を、母は1人でやっていたのだと思うと

私は本当に恵まれていると思いました。

そばに誰かが一緒にいるというのは、気持ちが救われます。

 

約3週間、寝たきりだったので、

素人目でも回復には同じくらいかその倍くらいかかるのではないかと思います。

年齢的に感染前の状態に完全復活出来なかったとしても、

回復までゆっくり時間をかけようね、

自分で立ち上がり、洗面所まで歩けるようになると良いね、と

義父に話しかけています。

 

f:id:leifu:20220408075448j:image

島にあるか分からず購入したもの

液体物の凝固剤です。

とろみをつけた飲み物、糊(ペースト)状の食べ物必須の1ヶ月です。

ゆっくりゆっくり回復しようね。

 

 

 

 

頑張る義父

酸素吸入器を外したそうです。

やっと検査も陰性。

食欲はあるものの、やはり喉を詰まらせそうになるので

ペースト状のお粥を少しずつ食させてもらっているそうです。

約3週間ぶりにベッドから降り、椅子に座ってみたそうですが

体力が落ちているので、3人がかりでベッドから降ろしたとの事。

 

ビデオ通話の映像では、

皆が「元気になった」「しっかりしている」と言うのですが

私には、顔色が白くてまだまだ本調子に見えません。

少しずつ食べて、体力付けて、無理せず帰って来て欲しいです。

f:id:leifu:20220402001356j:image

この日は久しぶりの空

ただいま

島に戻りました。

 

先月の26日に香港到着、それから14日間のホテル隔離

そして義姉の家で14日間、

その間に3回目のワクチンも終了。

 

密かな願いは義父と一緒に島に戻る!でしたが

一足お先になりました。

頑張れ頑張れ義父

f:id:leifu:20220326211611j:image

帰宅後はひたすらお片付けです。

ご丁寧にEMSの段ボールもそのまま置いてあったので

結構大変。しかも冬服もあり、今日中には終わらなさそう。

明日は諸々買い足すものをメモしておかないとです。

容態急変

義父の容態が急変しました。

駆けつけられないのが、もどかしい。

いつも柔和な義姉が、珍しくいらついていました。

 

グループチャット内の会話は広東語。

簡単な内容なら分かるものの、長めの会話となると

翻訳アプリで訳してからでないと、意味が取れません。

 

新型コロナで重症化した人は、免疫の仕組みが暴走し、

体中に炎症を引き起こすサイトカインストーム、という症状が出るそうですが

恐らくですが、それが起きたのかもしれません。

自分の免疫力が自分の身体を攻撃するとは、知りませんでした。

 

今は、酸素、ステロイドの量を調節、自己免疫系を抑制をするお薬を

新たに処方して下さっています。

 

お医者様からの電話ではこれが最後の手段、との事。

あとは義父の回復を祈るばかりです。

f:id:leifu:20220325071325j:image

 

 

 

3回目

義父はまだまだ酸素吸入器のお世話になっていますが

少しずつ、落ち着いて来ているそうです。

面会は出来ないので、容態を義兄弟姉妹が病院に問い合わせし

日々ホッとしています。

 

ずっと渋っていた3回目ですが

今回の件もあり、やっと観念しました。

接種会場が注射だけに?駐車場だったり、

髪の毛バサー、ネイル伸び伸びのおねえちゃんが打ってくれたりと

結構驚きましたが、まぁとにかく終わりました。

今回も日本のものと同じ成分のものにしました。

 

3回目の副作用はキツイと聞いていましたが

午前中に接種後、夜になって腕の痛み、節々が凝って来ました。

そして寒気。

熱かと思いきや、35.8度。あれれ。

遠くにうっすら頭痛の気配がします。

 

とりあえず、続きはまた。

 

 

f:id:leifu:20220320234323j:image

3か月ぶりの香港での外食

やはり、飲茶です。